歳暮ギフトピークへ加速

フラッグシップギフトに勢い/食用油など実用性に底堅さ/こだわりや自家需への対応も/値締めでギフト価値高まるビール/CVSチャネルが浮上の声

 歳暮ギフト商戦は、早いところで10月中旬頃から開始され、11月入りとともに各売り場とも最大展開に移行。今月下旬にも迎えるピーク時期へ向け、より一層販売に拍車がかかる。今歳暮も引き続きNB主力ギフトを中心に、こだわりやプレミアム、自家需要といった伸長分野に対応した提案などで既存需要の底上げと新規需要の獲得を図る。百貨店や量販店に加え、CVSが主要な販売チャネルとして浮上の兆し。

会員登録に進む
続きを読む(会員限定)

2017年10月31日