サントリー京都ブルワリー

新施設で5日から見学再開/ 醸造家の情熱とこだわりを体感/ シアター、パネル、試飲会場など新設/ 年内8万4千人見込む

 サントリー〈天然水のビール工場〉京都ブルワリーは、見学施設の一部をリニューアル、5日から工場見学を再開した。醸造家の情熱とこだわりを体感し、「ザ・プレミアム・モルツ」の最高品質を理解してもらうのが目的。新設のシアターホール、見学通路でのこだわりの製法の画像と醸造家パネルの新設、京都ならではの風情を感じられる新しい試飲会場など、ものづくりの現場からの発信力をいっそう高めた。4~12月で8万4000人の来場(昨年は1~11月で9万4000人、通常年で平均9万6000人)を見込む。

会員登録に進む
続きを読む(会員限定)

2018年4月6日