三菱食品

森山透社長/ 「経営方針2020」3年目/ 事業領域の拡大と深耕/ 商品開発・トレーディング強化/ 業務用卸の機能拡充/ 物流コスト削減継続/ RPAで業務自動化

 三菱食品の森山透社長は「経営方針2020」(16~20年度)の3年目となる18年度、①「挑戦」を支える体制づくりと②「前進」を支える環境づくりを基本方針に掲げた。ブランド戦略本部とトレーディング本部を新設、業務用販社クロコを新設し事業領域の拡大と深耕を図るほか、物流コスト削減の継続と業界全体での取り組みを強化、RPA(ロボットによる業務自動化)による生産性向上を図る。

会員登録に進む
続きを読む(会員限定)

2018年5月11日