乾麺市場

最盛期7月で大きく伸長/ 素麺単品が期待通りの動き/ 惣菜調理麺も増加傾向/ 秋冬へラインナップ充実

クリックで拡大

 乾麺の2018年春夏シーズンは、最盛期の7月に天候要因もあり大きく数字を伸ばしたことや、素麺単品が期待通りの動きを見せたことなどが寄与し、製配販とも概ね前年実績を上回る好業績で着地したもよう。来月からは引き続き秋冬シーズンに突入。メーカー各社は人気上昇中のそばや中華麺などを軸に一層の需要喚起に向けた仕掛けや販促が期待される。業界では価格改定も焦点のひとつとして浮上しているもよう。

会員登録に進む
続きを読む(会員限定)

2018年8月28日